読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る子は育つ

雑多で浅く音楽、漫画、アニメ、ゲームの話など。

シン・ゴジラ感想

観る

シン・ゴジラ見てきました。すごく面白かったです。今の日本の怪獣映画って感じでした。以下感想いろいろ感想。大体ネタバレです。

 

 

 

 

 

 

ゴジラそのものについて

最初ゴジラが海から出てきたときは見た目があまりに違うので、ゴジラがこれを捕食するのかな?と思ってました。途中で段々進化して、ゴジラになっていくのが良かったです。「ゴジラは進化する」という設定のおかげで、だんだん強くなって光線吐く流れも、ラストとりあえず凍結したけどまだ終息していない不安感も、無理なく感じることができました。

あとは、ゴジラが核で動くっていう元々の設定についても、震災後ならではの場面が多かったように思います。ゴジラが歩いた後の放射線量が上がったり、ゴジラを撃退した後の除染のことを心配したり。最後に矢口がゴジラとの共存の話をしていましたが、これはもう明らかに原発事故のことですよね。ゴジラが凍結されたまま、東京駅にほったらかしになっているのが、なんとも言えませんでした。

 

登場人物について

主人公の矢口はじめ、巨災対のメンバーはみんないい感じにキャラが立ってて、良さそうなチームだなあと思って見ていました。特に環境省の尾頭(市川実日子)と文科省の安田(高橋一生)。見た人はみんな好きだったと思います。尾頭女史はずっと仏頂面なのが最後だけちょっと笑うんですよね。たまりません。

今思い返すと、思い入れのあるキャラクターが全く死なず、お涙頂戴場面が無かったなあと思いました。別に全然無くていいんですけど。

会議では終始役所の縦割り感が出ていて、大変なことになっているのに手続きがやたら多かったり法律の解釈で真剣に悩んだりする、やや他人事のような、そんなところもコミカルで面白かったです。この辺のもどかしさとか、震災を彷彿とさせました。こんな大災害でも役所の手続きっていうのは型通りなのね…と。

市井の人が一切キャラクターとして出てこなかったわけですが、思えば会議シーンのリアルさと、ゴジラが街をどんどん破壊していく非現実的な絵のギャップを際立たせるためなのかな、と思いました。

 

以下箇条書き

高まったシーン

・第2→第3形態への進化

自衛隊がいっぱい出てくるとこ

ゴジラが火吐いて光線吐いて背中から光線出るとこ

・首都移転

・新幹線突っ込むとこ

・矢口がああ見えて生え抜きじゃなくて2世なとこ

 

笑っちゃったとこ

・どんどん長くなる矢口の肩書

ゴジラの口に凝固剤投与するとこ 

・最後の方、大体ヤシマ作戦

 

というわけで、エヴァの続編もまったり待とうと思います。